利用規約お問合せサイトマップ
HOMEJASについて > JASとは
JASとは
JAS法「農林物資の規格化等に関する法律」は、適正かつ合理的な農林物資の規格を制定し、これを普及させることによって、農林物資の品質の改善、生産の合理化、取引の単純公正化及び使用又は消費の合理化を図るとともに、飲食料品以外の農林物資の品質に関する適正な表示を行なわせることによって、食品表示法による措置と相まって、一般消費者の選択に資し、もって農林物資の生産及び流通の円滑化、消費者の需要に即した農業生産等の振興並びに消費者の利益の保護に寄与することを目的としています。
JASとは、日本農林規格の英訳「Japanese Agricultural Standard」の頭文字をとった略称です。

食用植物油脂の品質基準は、JAS法に規定する目的を達成するために適正かつ合理的に制定されたJAS規格により厳密に定められています。

  • 食用植物油脂のJASマークとは
  • 農林水産大臣から認可された登録認定機関(日本油脂検査協会)が審査して、法律の条件(認定の技術的基準)を満たしていると判断された工場(認定工場)が生産、充填を行い、厳密な品質管理のもとJAS規格(日本農林規格)に合格した製品=JAS品であることのJASマークが付けられ、市場に流通しています。
    認定工場とは、工程管理並びに品質管理のすべての面で法律の条件に適合した製造業者です。
    食用植物油脂JAS認定工場は、国内で46工場(平成28年7月1日現在)あります。

    また、輸入業者や販売業者も登録認定機関の認定を受けることができます。
    認定工場と同様に登録認定機関が審査し、法律の条件に適合していることが必要となります。
    JASマークを付けるには、認定工場になることが必要です。

    ※JASについての分かり易い説明は、こちら