利用規約お問合せサイトマップ
HOMEJASについて > JAS登録認定
JAS登録認定
公平性のコミットメント

当協会は、JAS法に基づく登録認定機関として、公平で透明性も高い認定業務を提供することを重要な責務と認識しています。

このため、当協会はJAS法令及び関連法規並びに国際的な規格に従って、公平性に対して影響を及ぼす利害関係を管理して、中立性のある認定業務を確実に行います。

〈品質方針〉
当協会は、食用植物油脂の品質の改善、生産の合理化、取引の単純公正化及び使用又は消費の合理化を図るとともに、「農林物資の規格化等に関する法律(JAS法)」等の関連法規を遵守した品質管理が実施されていることを監視し、安全な食用植物油脂を供給させることにより一般消費者の選択に資し、もって食用植物油脂の生産及び流通の円滑化、消費者の需要に即した食用植物油脂の振興並びに消費者の利益の保護に寄与することに努めます。

平成29年4月1日            
理事長 戸谷 洋一郎


 
認定工場になるためには、下記の手順が必要になります。
詳細につきましては、事前に当協会へご相談下さい。

  • 認定の申請
  • 品質管理(分析)をどの方法(注1)で行うかを含めて、認定の技術的基準に適合する施設や管理体制、人員を整えたうえで、所定の様式に従ってJASマークを付けることができる認定工場になるための申請を行って頂きます。
    注1:品質を管理する方法には、自社の工場で分析する方法(便宜上A工場という)と、分析を第三者検査機関に委託する方法(B工場)のいずれかの方法が選択できます。
    (現在認定を受けている認定工場は、すべて当協会でJAS規格への適合検査を受けております。(B工場))
  • 審査と認定
  • 所定の審査(書類審査及び実地調査並びに製品検査)を行い、認定の技術的基準に適合していると認められれば、JASマークを付けることができる認定工場として、当協会が認定いたします。
    食用植物油脂JAS認定工場は、国内で46工場(平成29年5月1日現在)あります。
  • 認定の技術的基準と品質管理
  • 認定工場となった製造業者等は、その工程管理並びに品質管理のすべての面で、認定の技術的基準を継続的に維持しなければなりません。
    当協会では、その維持状況につき毎年1回以上定期工場調査を実施し、認定の技術的基準への適合性の確認を行っています。
    また、認定工場では品質管理において法律で定められた資格要件を備えた管理者を配備する必要があり、当協会ではその資格取得のための講習会を下記の要領で開催いたします。
  • 品質管理責任者、格付担当者、格付責任者の資格取得のための講習会
  • 一般社団法人日本農林規格協会(JAS協会)が主催する一般講習会と当協会が主催する専門講習会を受講する必要があります。

    平成29年度の専門講習会は下記により開催致します。
      日時:平成29年8月3日(木)〜4日(金) 2日間
      場所:油脂工業会館 9階会議室
        (東京都中央区日本橋3-13-11)

    専門講習会については、当協会へお申込み下さい。
    一般講習会については、JAS協会または当協会へお問合せ下さい。